今年度のまとめの「樹木鑑定試験」を実施しました

1月19日(土)に、今年度のまとめとなる、「樹木鑑定試験」を行いました。

 

緑地環境学科では、造園の基本となる植物・樹木の知識を身につけるため、まずは身近な樹木の名前と実物を一致させることができるように、今年度より「樹木鑑定試験」を1年生、2年生合同で行っています。

樹木鑑定試験とは

  • 樹木の枝と葉を見て樹種名と科名を答えます。
  • 1〜50の番号を付けた机の上に置かれた樹木の枝葉の前に、1人ずつ並び、1樹種30秒で解答を記入。
  • 30秒たったら、次の番号の前に一斉に移動します。
  • 樹種名、科名は各1点で、50種類の樹木について答えます(100点満点)。

今回は今年度のまとめということで、合格点を80点に設定し、合格するまで終日試験を行いました。

 

今回の樹木鑑定試験の結果

1回目の試験では、平均点は60.3点となりました。
全体での合格までの試験回数は、平均で2.8回でした。

詳しい結果は、緑地環境学科掲示板に貼りだしています。(前期と同様に、上位10番目までは点数と名前を出しています。)

今回は冬季ということもあり、樹種数が限られ正確な比較とはなりませんが、前期に比べると定着してきたことがうかがえる結果となりました。

実は、植物系の先生たちは、全員が合格するまではもっと時間がかかると予想してましたが(ごめんなさい)、みなさんがやれば出来ることを実感しました。

ひとくちに植物といっても、葉の緑色や質感、また生理生態は様々です。
また、当たり前ですが、生き物ですので、季節によっても変化し、同じ種類の植物でも、ひとつひとつは少しずつ違ってきます。
この試験だけで終わらせずに、さらに植物に興味を持って、見て、触れてほしいな、と思います。

とにかく、学生のみなさん、先生方、おつかれさまでした。
成績上位者については、また後日インタビューしたいと思います!

4 Replies to “今年度のまとめの「樹木鑑定試験」を実施しました”

  1.  今も樹木鑑定試験、継続中なんですね。私の頃(35年前)も年に2回あってました。2年生の時は1年生の答案を採点したりして、樹木名の間違いで友達関係が解ったりして面白かったなぁ・・・(遠い目) 同じ間違った回答でカンニングの繋がり(流れ)が見えて・・・^m^

                                      初代、梅野ゼミ(2世代しかいないけど)

  2. 中島健晴さん

    緑地環境学科の大隣です
    コメントありがとうございます。

    先輩たちに負けないように学生が頑張っております。現在は、福浜と二丈の2つのキャパすで勉強しています。
    是非学校に遊びに来てください。

  3. 久しぶりに来ました。 一昨年前に生物分類技能検定なる試験の存在を知り、腕試しに受験するも専門用語が分からずに何を問われているのかが分からず玉砕、己のウイークポイントを確認できたので翌年に2度目受験(福浜キャンパス)で植物部門。とったど~! 
     やがて還暦を迎える私、今更ながら遅すぎたなぁと思うが・・・。
    後輩共よ!若い脳味噌で吸収が早い今こそ勉強に励まれよ。応援するぞ。近くだったら教えちゃるからおいで~www
     (大牟田生物愛好会)と(八女の自然に親しむ会) 所属

  4.  本日6月23日に知人(内山さんが渡米される前に造庭された佐藤政明さん)から連絡頂いた事。
    私の先輩であるアメリカから帰国されて内山サダミ(漢字忘れました)さんが福岡で講演されるとの事でしたが当日でもあるので行けないのが残念。
     3世代しかいない梅野ゼミの学生は僅か10数名、梅野先生は若くして鬼籍に入られましたが奥様は佐賀で御健在ですので早速電話致しましたが今回の内山さんの事は初耳との事、私も以前は内山さんの所在を知っていたのですが引越しやら何やらで住所も分らなくなってしまいました。
     西短出身であり米国で活躍されている先輩でもありますので学校の諸先生方は御存知かと思い書き込みをしてみました。大石先生は面識もあられると思います。もしも連絡がとれるのならば・・・と思っております。 

    **私事ですが福岡県みやま市の(みやま市史編纂)に関わって植物植生を担当致しております。 現在は資料編と通史編が完成しており、最終的には普及版を出版する事になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください