福岡タワーに花壇をつくりました

大田ゼミナール(園芸ガーデニング研究室)では、7月24日(水)、福岡市緑のまちづくり協会の主催で行われた、緑のコーディネーター研修会「きれいな花壇をつくるには」のセミナーで、福岡タワー北側駐車場前の敷地に、市民の方々と花壇をつくりました。
当日は、普段、地域の植栽ボランティア等をされていらっしゃる24名の方が参加されました。

福岡タワーに市民の皆さんと花壇を作りました
福岡タワーに市民の皆さんと花壇を作りました

「きれいな花壇をつくるには」のセミナー内容

このセミナーは花壇を「デザインから考えて、図面を描いてみること」がテーマでした。
とはいえ、参加された方々は図面など全く描いたことがない…、とのこと。

そこで、いつもであれば、図面を作り、その図面どおり植栽するという流れになるのですが、今回はいつもとは逆に、まず植栽をしてみて、その後でそれがどのように図面になるのかを見て実習していただくという方法をとりました。


当日は、私達大田ゼミは植栽の実習で参加し、設計のセミナー部分は「環境設計演習」の授業を担当している西川准教授が担当しました。

植栽の実習の様子

私達大田ゼミでは、どのようにデザインを考え植栽していくのかを、模型を作成し、実際に草花を植え込んでいく現場のお手伝いをしました。

あらかじめこちらでモデルとして作成した植栽図面の模型を皆さんに見て頂き、実際に花苗をご自分達のデザインで自由に植えて頂きました。

参加者の方は、4つのグループに分かれて、配置や配色を考えて次々に植えていかれました。暑い中、真剣に作業をされている様子が印象的でした。さすがに普段ボランティアで活躍されているだけに、その配置などは私達も新たな発見がある素晴らしいものでした。

設計のセミナーの様子

植栽終了後、今度は西川准教授の指導のもと、図面を描く作業に入っていただきました。何年かぶりに色鉛筆や三角定規で絵を描く事がとても新鮮だったようで、皆さんとても真剣な様子でした。

私達は、皆さんが植えられた植物の配置を確認できるように写真をお見せしたり、事前に私達が記録していたラフをお見せしたりして、お手伝いをしました。

 

初めての企画で戸惑う場面も沢山ありましたが、皆さんの熱意と楽しそうな作業風景にとても楽しい時間を持つ事ができました。

福岡タワーへ行かれた際にはぜひ花壇もご覧ください!

[googlemap lat=”33.593378750909544″ lng=”130.35157352685928″ align=”undefined” width=”600px” height=”300px” zoom=”19″ type=”G_NORMAL_MAP”]福岡県福岡市早良区百道浜2−3−26[/googlemap]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください