教員紹介と新入生へのメッセージ⑧

専任教員最後は学科長の西川先生です。今年から学科長に就任した西川先生は自他ともに認めるランドスケープバカです。専門は造園の計画設計分野、幅広く活動されています。

西川真水(にしかわまさみ)
学科長・教授

担当科目:ランドスケープデザイン論、造園史、住環境論、環境設計演習Ⅰ、ゼミナール 、ガーデニング実習、ポートフォリオデザイン、キャリアデザイン、学外研修


新入生の皆さん入学おめでとうございます。緑地環境学科学科長の西川真水です。4月も後半に入り「入学式は終わったけど、この先どうなるんだろう」と不安な気持ちも強いと思います。私たちは近代以降、もしかすると歴史上でも大変な危機に直面していると思います。しかし、必ずこの危機を乗り越えていくことも確信しています。そして新型コロナウイルスの感染が収束するころには、社会の形が大きく変わっていくでしょうし、求められる資質や能力も変わっていることだと思います。私たち造園・ランドスケープ、園芸、自然環境の専門家は何を担えるのだろうか考えましょう。それに対応した人材への成長のため、この大きな危機を自分たちの糧になるよう、じっくり我慢しながら前進していきましょう 。


 私の専門は造園・ランドスケープの計画・設計です。造園・ランドスケープのデザインは庭づくりにとどまらず、都市計画、まちづくり、公園緑地、身近な日常の生活空間まで幅広く、自然環境形成と社会環境形成を両輪として考え、空間・環境・場所を保護・保全・創造する魅力的な分野です。西短では2年間というとても短い時間ですが、幅広く学び、体験し、楽しんで未来へたくさんの選択肢を持てるように成長をする素養を養ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください