非常勤講師の紹介とメッセージ①

緑地環境学科には常勤の先生のほかに、専門の授業を担当してくれる非常勤の先生がいます。プロフェッショナル中のプロフェッショナル、社会の第一線で活躍する先生方ですので、たくさんのことを聞いて、たくさんのことを経験してください。

非常勤講師紹介一人目は岩熊志保先生です。動物や昆虫、生態学・ビオトープの実践家です。日常は一般社団法人まほろば自然学校の代表理事として、子供たちへの環境教育の実践・普及、環境調査や環境計画の提案をされています。授業以外にも福岡市植物園で学生たちと協働で、子供たちへ植物や生き物の素晴らしさを伝えるプログラムを行ったりしています。

岩熊志保 (いわくましほ)
非常勤講師/一般社団法人まほろば自然学校

担当科目:動物昆虫学演習、総合実習(スポット)、管理演習(スポット)

いきもののことならこの人!

 新入生のみなさん、初めまして!
 非常勤講師の岩熊志保です。担当科目は、「造園昆虫・動物学演習」および「ビオトープ演習」などです。いきものの保全、生物多様性の保全を授業の柱としています。自身が学んできたことは、植物保護に関わる昆虫学、昆虫行動学です。大学卒業後は、生物の調査会社に就職し、昆虫調査と環境教育を担当しました。その後、出産を機に退職し、いきものを通した環境教育を行う一般社団法人まほろば自然学校を立ち上げ、代表理事を務めております。

 一年生のみなさんとは、生物調査の授業の際に顔を合わせることになると思います。春のいきものがわんさか出てくる時期に授業が出来なくてとても残念ですが、みなさんの家の庭や散歩の中で見つけた様々ないきものたちを写真に撮って記録を残しておいてほしいと思います。

まほろば自然学校のFacebookページ 
https://www.facebook.com/mahorobird2005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください