大石 道義 教授が、文部科学省から短期大学教育功労者として表彰されました

本学科の大石 道義 教授が「専任の教職員として学校教育に30年以上従事し、短期大学教育に特に功労があり、人物・識見ともに優れている」とのことで、短期大学教育70周年を記念して文部科学大臣から表彰。大石教授は今年の3月で退職されます。在職中は、二丈キャンパス(1992年開校)の樹木を多様に、そして緑豊かに育んでいただきました。本当にありがとうございます。お疲れさまでした。

“大石 道義 教授が、文部科学省から短期大学教育功労者として表彰されました” への1件の返信

  1. 大石先生 おめでとうございます!お元気なご様子をうかがえて、香川県高松市「高原水車友の会」ではたいへん喜んでおります。
    今後もますますご健康で、ご健闘されますようお祈り申し上げます。
    私たち、水車の周りを親水公園として整備していけるよう、がんばっていますので、今後とも御助力よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください