教職員紹介

教員

久保田 家且
久保田 家且
緑地環境学科学科長
教授
緑地計画研究室
庭園設計論、緑地計画学、環境設計演習2
実社会での経験を踏まえた生きた講義を目指している。特に、日本庭園については、国内外での設計・施工の経験から実例を交えながら講義する。また、少子高齢化を迎えた我が国を緑の環境面から支えることができる造園家の育成に力を注いでいる。
大石 道義
教授
地域遺産活用研究室
造園樹木学、樹木学実習、環境ボランティア演習
植物分野から設計まで幅広く講義・演習を担当しているが、専門は地域環境の資源・遺産活用で、ボランティア等住民参加の環境保全活動などを数多く手がけ、学生と様々な地域遺産・自然環境資源の活用のためのプログラムを行っており、地域での協働やボランティアを通してみどりの価値の創造を続けている。
清水 進
清水 進
客員教授 九州大学名誉教授
博士(農学)
植物保護・樹木医学研究室
生物学、植物病理学、樹木医学
微生物の様々な機能を利用して世界とくに東アジアにおける植物の病気の防除の研究を精力的に行っている。また、分子生物学的手法を用いて樹木の病害虫の新しい診断法の開発を行っている。これらの研究から地球温暖化で予想される病害虫の急増に備える新しい理論および技術の誕生が期待される。樹木医、森林インストラクター、森林セラピストを取得
大隣 昭作
准教授 教務部員 アクアプランツ部の顧問
修士(工学)
緑地工学研究室
測量学、測量実習1、2 、コンピュータ実習1
専門は土木工学・測量学。測量士補・測量士取得のための教育を行うとともに、学科内では環境分野に欠かせなくなっているIT関教育をコーディネートし、GISやWebアプリケーション開発まで幅広く取り扱う。現在はiPadやブログなどを使用した学生のプレゼンテーション能力開発にも取り組み、造園・緑地環境に新しい技術を取り入れるための教育を行っている。
西川 真水
准教授  進路指導部員 ランドスケープデザイン部顧問
修士(造園学)
ランドスケープデザイン研究室
ランドスケープデザイン論、環境設計演習1、ガーデニング実習
東京農大助手、専門学校講師と様々な学校での経験から2年生専門教育におけるポートフォリオの活用を提唱し、学生のキャリアデザイン教育に力を注いでいる。設計関連科目を担当し、同時にポートフォリオデザインを中心とした、就職・進学などの分野のアドバイスも行う。
高宮さやか
准教授  学生部員
 緑化技術・施工管理研究室
造園施工管理論、緑地管理演習、総合実習
大田 香代子
講師
園芸ガーデニング研究室
園芸福祉、ガーデニング実習、総合実習
企業・施設・個人邸の庭園や花壇づくり、生花・草花の流通まで実社会での長い経験を持つ。その豊富な社会での経験で培った知識・技術から実践的に草花のついての知識習得に力をいれている。園芸・生花・装飾の知識と技術を実習を中心に指導を行う。
佐々木一成
講師
造園施設・施工研究室
造園施設設計演習、造園施工管理演習
 造園家になるための基礎科目を中心に担当している。大学助手、専門学校講師、公立高校常勤講師の経験から、現場主義の人間教育を基本として設計、施工、管理を行える人材を育成していく。学生が実社会に出ても即戦力となるような技術・知識の習得ができる教育を目指す。

二丈スタッフ

本田 伸昭
課長
二丈キャンパスの管理全般
二丈キャンパスのボス。二丈キャンパスにある樹木のすべてが頭に頭に入っている。現在は特に芝生管理に力を入れており、二丈キャンパスの芝生広場に日々気を配り、きれいな芝生広場を維持している。
末永 美沙子
技術職員
園芸担当
広大な二丈キャンパスの花壇を管理している。ハンギングバスケットやフラワーアレンジメントなど幅広く対応する。温室の管理も担当している。
大里 宗太郎
技術職員
造園担当
学生たちのアニキ的存在。本学の卒業生で在学時は古賀ゼミナールに所属。今でも古賀先生を師と崇めている。日常の二丈キャンパスの管理とともに実習の補助も担当している。