【秋の感謝祭】ステージ・丸太切り競争の出場者を募集しています!

11月4日(日)に、二丈キャンパスで「秋の感謝祭2012」が開催されます。
気がつけば、秋の感謝祭まであと1ヶ月をきりました。
ステージ出演と伝統の丸太切り競争の出場者を募集しています。
詳しくは、掲示板にはってあるチラシを見て下さい!

このポストにいれて下さい!

食堂にポストが置いてありますので、投函してくださいね♪
一緒に写っているのは実行委員長の松廣くんです!!

福浜校区のペーロン大会に出場しました

8月19日に福浜人工海浜で開催された「ペーロンボートinふくはま」に緑地環境学科の学生が出場しました。

西日本短期大学 福浜キャンパスから歩いて約5分(335メートルくらい)の福浜人工海浜で開催されました。

「ペーロンボートinふくはま」に出場したメンバー

今年は2級造園技能検定の学科試験とかぶってしまったため受験する2年生はほとんど参加できず、1年生が中心のチームになりました。それとOBの小森さんも参戦してくれました!

沖に設置した2つのブイを回って戻ってくるコースで、5分を超えると救助艇で連行されてしまうルールです。2回の合計タイムで競います。

さあ、一回目!

そう、見事に救助されてしまいました…

そして作戦会議です。なんとしても次は自力で帰ってこなければ!

2回戦に向けて作戦会議中

2回戦に向けて作戦会議中

運命の2回目です。

見事に自力でゴールしました!タイムは3分24秒でした。中々のタイムです。この調子なら来年は優勝です。

ペーロンボートinふくはま2012の閉会式

閉会式

そしてお楽しみのスイカ割り!

卒業生がスイカを差し入れしてくれてスイカ割りをするのがペーロン大会の恒例行事です!

みんなで美味しくいただきました!

美味しかった!

割ったスイカはみんなで美味しくいただきました!

 

ランチタイムコンサートが開かれました!

はらぺこあおむし


4月23日(月)、音楽室にて保育学科、音楽ゼミによる 
♪ランチライムコンサート♪が開催されました。
絵本や手遊びを交えて演奏され、すてきなランチタイムとなりました。

5月5日(土・祝)、6日(日)には、ラ・フォル・ジュネ鳥栖という音楽の祭典が、
鳥栖文化会館を中心に行われますが、6日(日)「キッズ・プログラム」で保育学科2年生の音楽ゼミの学生も出演します。
★出演時間★11時40分~、15時(いずれも30分間)

ラ・フォル・ジュネ鳥栖について、詳しくはこちら

=演奏曲=
★くるみ割り人形より「メドレー」
★きらきら星
★崖の上のポニョ
★はらぺこあおむし
★童謡メドレー
★小さな世界

デイ・ウォークに参加しませんか?

2012年4月28日(土)、二丈キャンパス(福岡県糸島市)から
福浜キャンパス(福岡市中央区)までの約30キロを歩く「デイ・ウォーク」が開催されます。

デイ・ウォークとは、健康スポーツコミュニケーション学科が主催するイベントで、
明るい日差しの中、健康・体力づくりを目的に歩くことです。

景色もバツグンです。学生生活の思い出づくりに参加してみては、いかがでしょうか?
健康スポーツコミュニケーション学科以外の学生もどしどし参加してください。
詳細は、掲示板を確認して下さいね。
昨年の様子はこちら

いい思い出になること間違いなし!

植村・持松ゼミクリスマスコンサート開催

平成23年12月19日(月)西日本短期大学 4号館音楽室にて
保育学科植村・持松ゼミによるクリスマスコンサートが開催されました。

保育学科の学生だけでなく、他学科の学生や近くの小さなお友達も参加して
楽しくクリスマスにまつわる歌を聴くことが出来ました。

植村・持松ゼミのみなさん、楽しい時間をありがとうございました♪

<追記>
保育学科ブログでも、コンサートの様子が紹介されています。こちらもチェックしてください。

クリスマスコンサートが開催されます

クリスマスコンサートポスタター
保育学科 植村・持松ゼミによるクリスマスコンサートが開催されます。
お昼休みの短い時間ではありますが、みなさんぜひお越し下さい♪

日付:平成23年12月19日(月) 
開演:12時25分~
会場:4号館音楽室

…☆主な曲名☆…
1.ディズニーメドレー
2.星に願いを
3.Happy X’mas
4.赤鼻のトナカイ
5.あわてんぼうのサンタクロース
6.もろびとこぞりて
7.ジングルベル
8.Joyful Joyful

健スポ非常勤講師・大村先生が全日本エアロビック選手権大会にて優勝

健康スポーツコミュニケーション学科 非常勤講師である 
大村詠一先生が第28回全日本エアロビック選手権大会にて、
優勝(トリオ部門)、準優勝(男子シングル部門)の成績を
おさめられました。

大村先生は、健康スポーツコミュニケーション学科で、
エアロビックダンスⅠ・体操を担当されています。

大会の様子が、テレビで放送されますので、ぜひご覧下さい。
大村先生おめでとうございます!
大会公式HPはこちら
大村先生のHPはこちら

<テレビ放送>
放送日:11月5日(土)
放送時間:午後4時30分~5時30分 NHK総合テレビ

大村先生優勝おめでとうございます!

レクリエーション大会(ビーチバレーボール)が行われました

成22年5月15日(土)、福浜ビーチで「第2回レクリエーション大会(ビーチバレーボール)が行われました。本学学友会主催にて健康スポーツコミュニケーション学科の学生が中心となり、1チーム6~7名の構成で17チームが参加しました。

学科や学年をこえて親睦を深めることを目的とし、6人制バレーボールのルールに則りゲームを展開しました。

また、天候にも恵まれたスポーツ日和となり砂浜を各チームとも駆け回りました。

決勝ともなると参加者全員が歓声を上げながら応援をし、大変盛り上がりました。優勝チームは「ゴリとゆかいななかまたち」でした。

参加者全員にとってはチームで協力しあって、良い思い出になったことと思います。

最後は参加者全員で砂浜の清掃を行ない終了しました。また、健康スポーツコミュニケーション学科1年生には早朝からのネット設営をはじめ、コート整備まで大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

文責:健康スポーツコミュニケーション学科 山崎・中嶋
そのときの様子はこちら 続きを読む

測量実習の課題

緑地環境学科で開講している測量実習IIで作成した学生の課題です。

西短周辺でそれぞれのグループが気になるマップを作成しました。

携帯電話のGPSとカメラを駆使して写真と位置情報を同時に記録することと、情報発信をする技術を身につけることが目的です。

今回はグループで簡単なテーマを決めて撮影からwebでの情報発信まですべて学習しました。

グーグルマップなどを駆使したものになっているのでぜひご覧ください。

コンビニマイスター

街中でよく見かけるようになったコンビニ。急いでいるときなどにうれしいデリバリー。どこにあるか、何があるかが一目でわかると便利だと思いました。コンビニは、意外と多くさまざまな種類があります。コンビニの向かいにコンビニがあるなどと、意外と面白いと思いました。デリバリーは、あったかいご飯が食べられて幸せ気分になります。 そんな両方の位置取りがわかると、面白いと思い作成しました。
作成者 長・新堀・俣野

アニマルパラダイス

測量実習で唐人町周辺で動物の写真をとりました。
メンバー
浮島、石井、中島、角田
今回、私たちが「動物」をテーマにした理由は動物がとても身近な存在だからです。

キヨカズ

緑地環境学科 石田 豊永 宮本 山口
交通事故が絶えない今信号機の場所を改めて確認し事故を未然に防ぐことに貢献できたらな、と思い調べてみました。

チームオカモー

オカモーのコカコーラマップ
オカモーがコカコーラの自動販売機のマップを作ったよ(>V<)

コーラが飲みたくなったら、オカモーマップをチェックしてね♪
製作者:オカモー(岡元)、乗越、田島、栗田

チーム楓

実用的に使える100円パーキングを調べました。
これを調べたことで唐人近辺のパーキングの場所と値段がわかります。
髪は身だしなみのキーポイントなので、さまざまな美容室を調べて、
見てくれる人のベスト美容室が見つかればと思い調べました(0s0)。
チーム楓  田村 太田 近藤 小山

チーム『Kitajima Ohnisi – Ogata Nanri Etoh ~KO-ONE~』

最近交通事故や違法駐車が多いからです。
いつも何気なく過ごしてる日本という中でそいつがいた。
そいつは政府という法律を振りかざして俺たちの生活をがんじがらめにしている。
そいつの名は、国土交通省道路交通法にノットッテ作られた様々な標識。そう考えると
周りには沢山の標識がある僕はそれを・・・調べてみたいと思う・・・・
さぁ~旅に出よう・・・いい旅夢気分
作成者 大西、江藤、南里、北島、尾形

コインパークマニア

測量実習で唐人町周辺のコインパークを調べました。
メンバー:長井 ヤマモト 丘 石沢 過ぎ田 ナマシタ

国際共同教育研究フォーラム2009

緑地環境学科の2年生のエントリーです。


本日、熊本学園大学主催で行われた国際共同教育研究フォーラム2009に参加してきました。TS3M0122

第1部では「水の保全と企業の社会的責任」というテーマで、ソニーとサントリーの方からお話がありました。企業の環境保全に対する努力の凄さと、日本が企業に求める社会責任の厳しさを感じました。

第2部では「地球環境のいま~地域から世界へ~」と題しての対談があり、特に会員が48万人もいるドイツ最大の環境団体「ブント」の理事長であるフーベルト・ヴァイガーさんのドイツに関する事例はとても興味深かったです。
ドイツでは村立のエネルギー企業を立ち上げたり村に水力発電所を作るなど、政府に頼らず自分たちで問題を解決しようと試みている自治体が増えているそうです。
そんな自治体を支えているのがブントのようなNPO団体で、ドイツの環境対策の中心を担っています。
ここが日本の企業中心の環境対策と大きく違うところで、市民もしくはTS3M0116NPO団体が環境対策を進めていくという点は日本も見習うべき点だと思います。

現在、企業に頼っているのが現状の日本も、これからドイツのように企業と自治体の間にNPO団体が入り三者が協動して環境対策に取り組んでいくようになると思います。
その時に先頭を走り環境を守っていくのが、これからの造園家の使命のひとつなのではないかと感じました。
(ランドスケープデザイン部公式ブログ「五感の風景」より転用: http://nishitanld.blog54.fc2.com/