「ふくおか、みどりの研修会2016」開催

平成28年10月1日土曜日に西日本短期大学二丈キャンパスにおいて「ふくおか、みどりの研修会2016」を開催いたします。この研修会は西日本短期大学緑地環境学科と(一社)福岡市造園建設業協会主催、(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会九州支部共催、(公社)日本造園学会九州支部後援で社会人・職業人、および学生の研鑽と交流を目的に開催し、今回で5回目を迎えます。昨年の研修会は90名を超える参加者があり、意義深い学びとたくさんの交流が生みだされました。今年もワークショップを中心にこれからの福岡の造園・ランドスケープの未来を考えます。是非多くの方の参加をお待ちしております。

2016みどりの研修会フライヤー004

1.日時:平成28年10月1日土曜日(受付14:00~、14:20開会)

2.場所:西日本短期大学二丈キャンパス
〒819-1601 福岡県糸島市二丈深江2324−2

3.スケジュール
■10月1日土曜日
14:00~ 受付
14:20~ 開会(挨拶:福岡市造園建設業協会会長)
趣旨説明・事務事項連絡:事務局
14:30~ ワークショップ「花・緑・自然の仕事を語ろう!(仮)
~笑いあり・希望ありの造園・ランドスケープの未来を発見する」
7~8チーム/社会人(造園業界+コンサル+行政)+学生(8-9名)
ファシリテーター(コンサル協+西短) ・チームでブレーンストーミングと簡単なまとめ
16:00~17:00 発表・講評
17:10~ ポスター展示発表 会場見学
17:45~20:00 交流会 /バーベキューと交流会

4.参加費 2,000円(交流会のバーベキュー実費)

5.申し込み/事務局  準備の関係上、事前に申し込み下さい(9 月26 日月曜日までにお願いいたします)。氏名、所属、連絡先を必ず記入ください。
〒810-0066 福岡県福岡市中央区福浜1-3-1 西日本短期大学緑地環境学科内
西川真水 宛 / 電子メール: nima●nishitan.jp (●を@ に変えてお送りください)

事務局:西日本短期大学緑地環境学科  西川真水・大隣昭作・古賀健次
一般社団法人福岡市造園建設業協会  中村寛孝


カテゴリー: その他 | コメントする

造園科・緑地環境学科は2017年に50周年を迎えます。
50周年を迎えるに当たり、記念事業を企画しております。一人でも多くの卒業生に、その情報をお届けするため連絡先の登録をお願いします。

50周年記念に関するお知らせについて


投稿日: 作成者: 大隣 昭作 | コメントする

京都学外研修2016・・・研修3日目/いよいよ最終日、貸切バスでめぐる京都の庭園です

昨日無事に京都での学外研修を終え福岡に帰ってきました。先週の週間予報では、3日間とも雨マークがついて「どうなる京都学外研修」と学生たちもひやひやでしたが、ふたを開けると天気もなんとか持ち、なんと最終日は晴れでした。日頃の行いがいいんでしょうね(ふふふ)

そんなことを感じた3日目最終日はバスを貸切り、京都市内の庭園見学へ出発です。

最初の見学地は龍安寺。誰もが知ってる枯山水の庭園ですね。7・5・3計15石が配され、様々なイメージを想起させます。

9時前に到着したのですが方丈庭園には結構な拝観者がいらっしゃってました。それでもこの時間はまだまだゆっくり方丈の縁側に座って見学できました。(この後すごい数の人が入ってきて、20分の違いで石ではなく人を見学することになってました。すごい人気です)img_2624 p9163773

2か所目は、大徳寺へ。

大徳寺では大仙院、高桐院、瑞峯院の3つの塔頭の庭園を見学。広い境内をダッシュで移動しながらハードな時間でしたが、それぞれ学生たちは必死にメモと写真をとっていました。いつになく学生たちが真面目です。やはり机の上だけでなく実際に自分で体験するって大事ですね。みんな引き込まれていきます。

img_2717img_2668 img_2662

お昼は岡崎のレストランで和食。この旅、みんなで食べる最後のご飯です。疲れもあってか、時間をかけてゆっくりしました。img_2736

午後は清風荘庭園を見学、ここも非公開の庭園ですので写真は出せませんが、実際に管理をされている花豊造園の山田耕三さんに管理や庭園の修復など実務の目を通した庭園のお話を聞くことができました。

見学の最後は智積院庭園。築山を背景に複雑な風景、滝組など見どころの名園です。なんといっても書院の縁側の下まで池が広がり、そこに座ると自分達が庭園の一部に引き込まれ、ゆったりと時間を感じることができます。庭屋一如を感じる素敵なデザインで、西川先生お勧めの庭園です。まあここらに来ると学生たちはぐってりつかれてしまってますが・・・

img_2895

そして京都駅でたくさんのお土産を買いこみ、新幹線のぞみに乗り込みました。最後は先生も含めてみんなぐっすり静かな車内でした。博多駅に到着して団長の2年生江上さんから締めのお言葉をいただき解散です。

img_2993

学生たちは技能検定や期末試験など忙しい中でバタバタと準備して、大変な忙しい研修旅行だったと思います。しかしそれ以上に技術や素材、空間ボキャブラリーなど実際に自分の目と身体で経験し感じ、多くの収穫のあった3日間になったと思います。

これから若干時間をかけて、この研修をまとめ、秋の感謝祭や年度最後の学びの発表会でパネルにして展示したいと思います。

皆さん本当にお疲れ様でした。しっかり休んで後期のスタートに備えましょう!いやー疲れました。


カテゴリー: その他 | コメントする

京都学外研修2016・・・研修2日目 

遅くなりました。学外研修2日目の報告です。9月15日木曜日京都に来て2日目の朝はもちろん朝食からです。洋食か和食か選べたんですけど、この日は全員が和食を選択。大田先生は誰か来るだろうとずっと洋食のレストランで待っていたそうですが結局一人で食べたそうです。意外に学生たちは和食派でした。

img_2360

 

さて2日目は朝一番で地下鉄、JRを乗り継いで東福寺へ。例年ですと一番最初に見に行く東福寺方丈庭園を見学しました。重森三玲の初期の手によるものです。近年様々な場所で重森三玲の庭園が再評価されており、今回の研修でもいくつかの庭園を見学に入れています。東福寺では方丈庭園と開山堂の2か所を見学しました。

p9153743

img_2388

この後、学生たちは各班に分かれテーマごとの自由研修です。自分たちの計画した見学プラン(バスの路線や時間などまでしっかり計画しています)に沿って見学に出かけていきました。詳細は今後各班にお願いしてブログなどに書いていただこうと思います。
https://twitter.com/nishitan/lists/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%97%85%E8%A1%8Cでもご覧いただけるかと思います。


カテゴリー: その他 | コメントする

京都学外研修2016・・・研修1日目 

昨日から京都に来ています。9月14日から16日まで京都への学外研修プログラムを行っています。1日目のプログラムが終了し現在2日目です。(本当は昨日のうちにブログのアップをと思っていましたが、あまりの充実度にホテルで寝ていました。すみません。)

先週の週間予報では今週の京都はずーと雨マークが入って残念な研修になるかと心配していましたが、日ごろの行いがいいので今のところ雨の心配はない様子です。

1日目の14日は、博多駅に集合し新幹線に乗って一路京都へ。もっと車内が騒がしくなるかと思いきや、多くの学生は睡眠してました・・・。

京都1つ目の見学地は慈照寺(銀閣寺)、みんなしっかりメモと写真をとってました。元気な2年生チームは庭園を2週してました。

img_2197

見学2つ目は無鄰菴。一気に室町時代から明治時代の庭園へ。授業では借景という言葉をよく聞きますが、都市化され建築物の増えた現在、無鄰菴のような遠借の借景庭園を見ることはありませんよね。学生たちは建築物から園路から借景庭園の構成を記録してました。

img_2221

3つ目は南禅寺金地院。小堀遠州の手が入っている子の庭園は江戸時代の名園です。豪快でかつ非常に細部まで考えられた石組みが特徴で、鶴島、亀島を見ることができます。実際の鶴島を見てようやく理解できた、と学生が納得してたのが印象的でした。昔の方の想像力ってすごいですよね。

4つ目、この日最後の見学地は南禅寺の方丈庭園。ここも小堀遠州の作と伝わります。ここまでくると学生の疲れもたまってきているようで、みんなメモとる手が止まり始めてましたね。

img_2273

せっかくなのでサスペンスドラマなどでも有名な南禅寺の境内の水路閣で記念撮影。琵琶疎水と南禅寺界隈の庭園の関係もしっかり学べました。

img_2292

1日目の食事は全員で夜景のきれいな展望レストランでおいしいご飯(もちろんブッフェ)を頂きました。盛りだくさんの研修1日目でした。

2日目は午前中から各班ごとのテーマに沿って計画を立てて見学する・自由研修です。学生たちの行動は学科の特設ツイッターでご覧になれます。みんな元気に京都市内を活動中です。


カテゴリー: その他 | コメントする

平成28年度前期 樹木鑑定試験を行いました。

7月9日(土)に、今年度のまとめとなる「樹木鑑定試験」を行いました。

試験中の様子

試験中の様子

樹木鑑定試験とは

西日本短期大学緑地環境学科では、造園の基本となる植物・樹木の知識を身につけるため、まずは身近な樹木の名前と実物を一致させることができるように、「樹木鑑定試験」を1年生、2年生合同で行っています。

樹木鑑定試験の方法

    • 樹木の枝と葉を見て樹種名と科名を答えます。
    • 1〜50の番号を付けた机の上に置かれた樹木の枝葉の前に、1人ずつ並び、1樹種30秒で解答を記入。
    • 30秒たったら、次の番号の前に一斉に移動します。
    • 樹種名、科名は各1点で、50種類の樹木について答えます(100点満点)。今回の合格点は70点に設定されています。
    • 合格点に達するまで繰り返し行います。

多くの学生は緑地環境学科に入学するまで樹木の名前を殆ど知らないという学生も多くいます。1年生は、二丈キャンパスで開講されている「造園樹木学」を中心に樹木の種類やその使い方について勉強しています。その成果を確認する試験でもあります。2年生はこれまでに学んできた知識を復習し、さらに庭造りなどに活用するための試験です。

試験結果

今年度前期1回目の結果です。2年生は割と高得点ですぐ合格していきましたが、1年生には難しかったのが多かったのでしょうか?なかなか点数が伸びず苦戦していました。

後期に行う試験では、前期の苦戦を活かして全員1発合格を目指してほしいと思います。

試験結果

試験結果

 

事前学習の様子。

二丈キャンパスで行っている造園樹木学(1年前期 必修授業)の様子です。

みなさん必死に覚えています

みなさん必死に覚えています

試験直前の授業では、覚えてもらうために試験対象樹種の枝葉を集めてみんなで教えあっています。

鑑定試験を行うにあたり、二丈キャンパスに植わっている樹木を見て回ったり、採集して押し葉にしたりしています。

「みどり」に関わる仕事に就くのであれば欠かせない樹木の知識。100樹種くらいは覚えて卒業していってほしいものですね!

樹木それぞれの特徴を把握したらおのずと名前が結びついてくると私は思います!頑張ろう!


カテゴリー: その他, 植物 | コメントする
1 / 10712345...102030...最後 »