【報告】秋の感謝祭2022を開催しました

晴天の中、「秋の感謝祭2022」を開催しました!!!

11月3日(祝・木)に秋の感謝祭2022を開催いたしました。今までにない晴天の中での開催でした。新型コロナウイルス感染拡大を受けて、2020年はオンラインでの開催、2021年は感染状況が落ち着き急遽二丈キャンパスでの対面開催でしたが、準備期間が短く様々な制限を受けての開催でした。
2022年度は、当初から対面開催で通常準備を進めてきましたが、久しぶりの通常開催で、学生も経験がないことばかり、久しぶりのためサポートする事務職員のみなさんも担当が代わり問題ばかりの準備でした。そんななかでも実行委員会の学生達が一つ一つ検討を重ね、失敗を繰り返し、先輩たちからの伝統と「報恩感謝」「宇宙精神」を考え、よりよい感謝祭のための準備を進め、感謝祭を運営してくれました。

2022年度『学びの発表会』開催します

 2023(令和5)年2月12日(日)に緑地環境学科1年のまとめである「学びの発表会2022」を福浜キャンパスにて開催いたします。
 この機会に緑地環境学科の学生の取組をご覧いただき、春からはプロフェッショナルとして社会へ羽ばたく2年生及び、来年度に向けての準備を始める1年生の活動を振り返りながら、次年度を展望したいと考えております。

1.開催日時 口頭発表会:令和5年2月12日 (日)

              午前の部10:30~12:00、午後の部13時10分より15時まで
       
        展 示 発 表: 令和5年2月12日 (日)※12日 10:00~16:00

2.場所    口頭発表 西日本短期大学福浜キャンパス本館5階052教室(大講義室)

        展示発表 福浜キャンパス2号館2階・中庭

        福岡市中央区福浜1-3-1

3.主催    西日本短期大学 緑地環境学科

■お問い合わせ・申し込み

どなたでもご参加自由としておりますが、事前に参加の申し込みをお願い申し上げます。※お名前、ご所属、ご連絡先をお知らせください。

西日本短期大学緑地環境学科 担当者:永島知子・厚川亮介  

e-mail:(厚川)r-atsukawa@nishitan.j

一人一花サミット2022 at警固公園に参加しました

  今年も、学生による緑と花の体験講座「アクセサリーと花束作り」「人+木=休、昔遊び」を行いました。警固公園はたくさんの人が行き交う場所、まちの魅力や価値を高める、花によるまちづくりを目指す「一人一花運動」に本科も取り組んでいます。

 

 今年は、サミット初となる「一人一花フラワーガーデンチャンピオンシップ2022」も開催。本科卒業生 船津朱民さんも出展されていました。惜しくも受賞とはなりませんでしたが、豊かな色彩の素敵な作品は、後輩たちにも良い刺激となっています。船津さんは、2023年海の中道海浜公園フラワーピクニックにも出展されます。

2014年卒 船津さんの作品

 ステージでは、西川ゼミ、ランドスケープデザイン部によるくまもと・せんだい都市緑化フェア出展の報告・説明を行いました。

【先着30名さま限定】クリスマスリース体験(ご案内)

毎年大好評♪二丈キャンパスで採取した材料で制作します

日 時:2022年12月10日(土)12時00分〜15時00分
場 所:福岡市中央区唐人町商店街 甘棠館前広場(主催のゼミがが製作している庭付近)内 容:二丈キャンパスの樹木やツルを用いて直径約20センチのリースを制作(学生からのサポート有り)
参加費:1人300円 ※剪定バサミ類や軍手等は各自持参(ハンドクリームや絆創膏なども準備しておくと便利です)
定 員:先着申し込み順30名
※屋外で作成しますので防寒対策や携帯カイロ等を施して参加ください
連絡先:山本 俊光(担当教員) Mobile .090-2395-7217
主 催:西日本短期大学緑地環境学科山本ゼミナール
協 賛:協同組合唐人町プラザ甘棠館 唐人町商店街振興組合

※写真は2019年のもよう

【祝】令和4年度福岡県職業能力開発促進大会

技能検定「造園」で表彰されました!

福岡県庁の講堂で「令和4年度福岡県職業能力開発促進大会」が開催され、本学科の後藤優気さんが技能検定成績優秀合格者「会長賞」3級の代表者として、そして卒業生の宮本涼雅さんは「知事賞」2級で表彰されました。(11月初旬に行われた技能五輪全国大会でも敢闘賞を授与されました‼︎)
また、後藤さんは来春に萩市役所へ就職することが決まっています。緑地環境学科では、卒業後に市役所の造園担当に就くなど、公務員となる先輩も。さらに、西短には歴史と実績のあるビジネス法学科(公務員コース)も設置されていることもあり、公務員試験等の進路サポートに定評があります。

23回福岡県農林水産まつりにモデル庭園を出展

福岡PayPayドーム前にモデル庭園を制作出展しました

11月12日(土),13日(日)の二日間、福岡市営地行中央公園(福岡PayPayドーム、ヒルトン福岡シーホーク前)で「福岡県農林水産まつり」が3年ぶりに開催されました。(同時開催「農福連携マルシェ2022」)またホテルシーホークでは「第21回 アジア獣医師会連合(FAVA)大会」「福岡県“One Health”国際フォーラム2022+FAVA」など国際的な学会なども同時開催されるなど、福岡県が健康・農業・自然などこの秋もっとも力を力を入れているイベントです。
緑地環境学科では農林水産まつりにモデル庭園を出展し、多くの方にご来場いただきました。庭園はPayPayドームを背景に、屋台のある庭園を、4月の一人一花スプリングフェスに引き続き制作しました。宿根草や季節感のある樹木を配置し、会場に合わせ、ドームを背景に写真スポットにもなる庭園としました。会期中には服部誠太郎福岡県知事も、庭園を見学に立ち寄って学生達と庭園のデザインや制作活動についてお話しいただきました。

今回は制作時期が感謝祭や福浜祭と重なって、大変忙しかったこともあり、現場での施工も水曜日のゼミの時間や放課後を活用して行いました。

Facebook
INSTAGRAM