身近な環境でのレクリエーション

今回は保育学科のレクリエーションの授業を紹介します。

本学科では、特定の科目の単位を取得すると、日本レクリエーション協会公認のレクリエーション・インストラクターの資格が取得できます。

レクリエーション実技の授業では、学生が支援者として、学生に向けて支援を行います。授業内では、子ども達だけでなく、幅広い対象者に向けてレクリエーション支援を行うことができるように、また学内外にて行われるボランティア活動にも参加して、様々な体験を通して学びます。

晴れた日に大学のグランドや近くに公園に出かけ、学内でのフィールドビンゴやペタンクなどのニュースポーツ、カモフラージュといったネイチャーゲーム等の体験も行いました。

レクリエーションの関連科目をしっかりと学び、多くの人たちに楽しさを共有できるように、これからも授業に一生懸命取り組んでほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。