自転車講習会が行われました

今回は、保育学科で行われた自転車講習会について紹介します。

11月24日(木)に福岡市中央区役所から先生をお招きし、自転車の利用についての講話をしていただきました。

自転車による悲惨な交通事故に遭わないために、また事故を起こさないように、真剣に話を聞く学生の様子が印象的でした。

通学や実習での通勤で使用する際のマナーについてもお話いただき、改めて交通安全について考える良い機会となったかと思います。

お忙しい中、貴重な時間をつくっていただきありがとうございました。

今回の講習会での学びを大切に、安全な学生生活を送ってくれることを祈っています。

「みんなであそぼう!あそびの広場」に参加しました

11月23日日(水・祝)に、「みんなであそぼう!あそびの広場」が中央児童会館あいくるで開催され、保育学科から学生8名がボランティアスタッフとして参加しました。

今回は、本学の健康スポーツコミュニケーション学科の学生さんや他大学のレクリエーション授業を受講している学生さんも参加され、多くの学生さんとも交流をする機会となりました。

体験を通して、たくさんの学びがありました!

保育学科の学生の皆さんは「ツイスター」というゲームを担当し、子ども達との関わりだけでなく、保護者対応や様々な活動運営の補助をさせていただきました。

夕方までとてもハードな1日でしたが、子ども達の一生懸命な姿に学生も元気をもらい、また他大学の学生とも交流することができ、充実した学び多い1日となりました。

ボランティアへの参加や子ども達との交流を通して、レクリエーションへの学びを深め、“思いやりの保育力”を身に付けくれることを願っています。

焼き芋パーティをしました

今回は保育学科で行われた活動を紹介します。

先日本学のグラウンドにて、コロナウイルス感染対策を講じながら、1,2年生合同で福浜祭の時に収穫したお芋で焼き芋パーティーを行いました。

学内の枝や落ち葉、芋のツルなど利用して、火起こしをしたり、芋を新聞紙やアルミホイルで巻いたりと、学生と教員で協力して焼き芋の準備しました。

自分たちで収穫した芋は、いつも以上に美味しく出来上がりました。

また焚き火の周りに集まって過ごす時間は、1,2年生の交流の場ともなり、とても有意義な時間となりました。

これからもさまざまな活動を通して、素敵な保育者を目指して頑張ってくれることを期待します。

ボランティア活動を行いました

1年生の総合演習Ⅱの授業内で学内外のボランティア活動を行いました。

今回は1年生の4つのクラスに分かれて、ボランティア活動、清掃活動の計画を立てて実施しました。

学内のグラウンドや砂場、大学周辺の道路や公園、海岸にそれぞれのクラスで移動し、一生懸命清掃活動に取り組みました。

大学周辺にて様々な清掃活動を行いました。

普段使用している通学路や大学周辺にも、よく見ると様々なゴミが落ちていることや、グラウンドや砂場にも雑草や落ち葉などがたくさんあることに気づくこともできました。

短い時間ではありましたが、大学周辺の環境についても知るきっかけともなりました。

今後も「思いやりの保育力」を養いながら、様々なボランティア活動に取り組んでもらいたいと思います。

教育実習実習報告会

今回は、10月28日(金)に行われた「教育実習実習報告会」についての紹介です。

保育学科の2年生が、今年度実施された幼稚園教育実習について報告会を行いました。

今回は、新型コロナウィルス感染防止策を講じながら、2年生と1年生の合同で行いました。

学生は、いくつかのグループに分かれ、実習での学びやご指導いただいたことなどについて、分科会形式で、2年生から1年生へ報告を行いながら、学びを共有しました。

今後保育者として働くにあたり、実習での学びをどのように活かしていきたいかということも考える良い機会となりました。

2年生は最後の実習を終え、いよいよ就職活動を行なっていきます。

夢の保育者に向けて引き続き頑張って欲しいと願っています。

2年生の皆さん、計50日に及ぶ実習お疲れ様でした。

2022年度施設実習Ⅰ直前指導

10月27日(木)に2022年度施設実習Ⅰの直前指導を行いました。

今回は、1年生の初めての10日間実習となる2022年度の施設実習Ⅰは、11月7日から18日の日程で行われます。

代表の学生は、「初めての10日間の実習で緊張がありますが、これまでの授業での学びを活かし、対象児者をしっかりと観察しながら学びの多い実習にしていきたいです。」と力強く実習に向けて決意表明をしてくれました。

初めての本実習で期待や不安など様々な感情があるかと思いますが、コロナ禍においても実習を引き受けてくださった施設に感謝をしながら、多くのことを学ぶ10日間にしてほしいと思います。

実習生の皆さん、元気で頑張ってきてくださいね!

福浜祭を開催しました

10月22日(土)に、福浜祭を開催しました。

多くの方々に足を運んでいただき、たいへん活気のあるお祭りになりました。

今年度は、コロナウイルス感染症対策を講じながら、3年ぶりの対面での開催となりました。

「繋〜human and future〜」をテーマに、保育学科の学生は学科の特色を生かしたステージ発表、保育コーナーのイベント等を計画しました。

4号館2階エントランスでは、冨永ゼミの学生が子ども虐待や女性へのDV防止を呼びかける「オレンジ&パープルリボン運動」を行いました。

多くの人が笑顔で過ごすことのできる社会へなって欲しいという願いや思いを多くの方々がメッセージにしてくださいました。ご協力をいただき、ありがとうございました。

また、図工室では、ハロウィンのキャンドルづくりも行われました。

4号館1階エントランスでは、平山ゼミによる手作り紙芝居の読み聞かせや、吉原ゼミによるスタンプラリーなどが行われ、多くの人が参加してくれました。

4号館プレイルームでは、溝上ゼミによる、遊びコーナーが催され、学生のオリジナルゲームやハイテクおもちゃ、参加者にはプレゼントも配布されました。

屋外では、川畑ゼミが「つくってあそぼう!」というテーマで、ハロウィンゲームとスライム、スーパーボールづくりを行いました。

4号館屋上では、保育園芸の授業で学生が育てたサツマイモの「芋ほり体験」を実施しました。子どもや地域の方々もたくさんの方が参加してくださいました。

1年生はダンスの発表やゲームコーナーなど様々な催しを行いました。

当日は、地域の皆さんだけでなく、附属高校の学生さんも参加してくださり、福浜祭を通して多くの方と交流する学生たちは大変嬉しそうで、笑顔が輝いていました。

福浜祭にご協力をいただきました皆様、そして足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。この場をお借りして重ねてお礼申し上げます。

ぜひ来年度の福浜祭もお越しいただければ幸いです。

たくさんのご参加ありがとうございました!

福浜祭に向けて ゼミ活動

来る10月22日(土)に福浜祭が開催されます。

福浜祭は、西日本短期大学の学生が企画する学園祭で、例年、地域の方や近隣の幼稚園・保育園、高校生の皆さんなど、多くの方が訪れるお祭りです。

過去2年はオンラインやオンデマンドでの実施となっていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止策や制限等を講じて、3年ぶりに対面での開催となります。

保育学科の2年生は、ゼミごとに模擬店などを出店する予定です。

2年生は9月26日から教育実習があり、限られた時間の中で、来場者の皆さんに楽しんでもらえるような企画を準備しています。

それぞれのゼミは以下のような企画を準備しています。

冨永ゼミ:キャンドルづくり・オレンジ&パープルリボン運動

平山ゼミ:海賊たちと大冒険 宝探し

吉原ゼミ:スタンプラリー

溝上ゼミ:室内での遊び場

川畑ゼミ:スライム・スーパーボール作り ゲームコーナー

それぞれのゼミが準備を進めています

保育者となった際にも大切な「相手を想う気持ち」を大切に、来場者の方を想いながら準備を進めます。

感染症対策も講じながらの福浜祭となりますが、皆様のお越しをお待ちしております。

総合演習Ⅱ 福浜祭に向けて

今年度は10月22日(土)に福浜祭が開催されます。

福浜祭は、西日本短期大学の学生が企画する学園祭で、例年、地域の方や近隣の幼稚園・保育園、高校生の皆さんなど、多くの方が訪れるお祭りです。

過去2年はオンラインやオンデマンドでの実施となっていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止策や制限等を講じて、3年ぶりに対面での開催となります。

保育学科の1年生は、クラスごとに分かれ、模擬店やステージ発表を実施する予定です。

現在総合演習Ⅱの授業内では福浜祭に向けて、クラスごとの取り組みが行われています。

当日の来てくださる来場者の方を思いながら、それぞれのクラスが工夫を凝らした活動を準備しています。

大学や学科の雰囲気も味わっていただけると思いますので、ぜひお越しください。

皆様のお越しをお待ちしております。

選択実習Ⅱ実習報告会

今回は、9月15日(木)に行われた「選択実習Ⅱ実習報告会」についての紹介です。

保育学科の2年生が、今年度8月に実施された選択実習Ⅱ(保育所・施設)について報告会を行いました。

例年は、2年生と1年生の合同で行いますが、新型コロナウィルス感染防止や実習前という状況を鑑み、2年生のみで実施しました。

2年生は、6つのグループに分かれ、実習先の概要や特色、実習での成果・やりがい、反省点やご指導いただいたこと、次回の実習に向けて目標や課題などについて分科会形式で、それぞれの実習生と共有しました。

次回の実習に向けての課題を明確にすることはもちろん、今後保育者として働くにあたり実習での学びをどのように活かしていきたいかということも考える良い機会となりました。

報告会の後半では、今回参加できなかった1年生に対して、実習での学びや先輩からのメッセージをワークシートにまとめる作業を行いました。1年生は、先輩からの資料を受け取り、今後控えている実習、夢の保育者に向けて取り組んでいってほしいと思います。また学内で1年生と2年生が関わり、実習等についてもお話をするきっかけにして欲しいです。

これから2年生は、2度目の幼稚園教育実習を控えていますが、本報告会での振り返りを胸に、これからの保育者に向けて引き続き頑張って欲しいと願っています。