緑地環境学科について

緑地環境学科は都市空間に潤いとやすらぎをもたらす、自然と人の新しい関係を創造するために必要な知識、技術を身につけることが出来る学科です。

これまで緑に関する知識が全く無くても短大で2年間勉強することで植物を中心とした自然環境や造園、ガーデニングに関する知識技術を身につけることができます。

2年間でみなさんの手に職をつけることが出来る学科です。

環境に興味のある人・都市や公園の計画に興味のある人・テーマパークなどの花壇に興味がある人・花屋さんになりたい人・植物を育てることに興味がある人でもきっちり手に職をつける事ができます。

人々の心やすらぐ空間として、潤いのある街づくりに欠かせないのが緑地環境です。

本学科では目的に合わせて優れた技能と専門知識を身につけるために「自然環境デザインコース」「造園芸術コース」「ガーデンデザインコース」の3コースを設置。二丈キャンパス での実習など、実践的なカリキュラムを通して、緑や住空間の専門家として欠かせない知識、技術を2年間でしっかり身につけられるのが特色です。

コース図
  • 造園芸術コース
    伝統を理解し受け継ぐと共に、新たな文化を創造するフレッシュな感性を持った人材を育成する。
    植物について幅広く学び、日本の伝統文化を継承しながら最先端の日本庭園の設計や施工技術を習得する。
  • ガーデンデザインコース
    草花を通して暮らしにゆとりと安らぎをもたらすガーデン造りをプランニングできるプロフェッショナルな人材を育成する。
    草花園芸、フラワーコーディネーション、園芸福祉、ガーデニング、薬香植物の利用など多方面に及ぶ知識と技術を習得する。
  • 自然環境デザインコース
    自然環境を地球規模で考え、身近な地域を保全し、緑を通して持続可能な社会を築くエキスパートを育成する。
    地球環境問題、ビオトープ、ランドスケープエコロジーなどを学ぶことで自然環境の保全や都市を緑化するための技術や方法を習得する。

また、在学中に取得できる資格、樹木医補や測量士補など所定の科目を修得して申請することで取得できる資格や卒業後に一定の実務経験を経ることで受験できる資格も多数あり、緑地環境・造園・園芸を志す学生にとって有意義な学科です。

資格については資格関連のページを御覧ください。