Subscribe to 西日本短期大学 保育学科通信   のびのび新聞 Subscribe to 西日本短期大学 保育学科通信   のびのび新聞's comments

吉原ゼミ生によるクリスマスコンサートが、2018年12月21日(金)昼休みに行われ、皆様よくご存じの、「クリスマスソング (back number)」「美女と野獣 (ディズニー「美女と野獣」より)」「やさしさに包まれたなら (ジブリ「魔女の宅急便」より)」の3曲が演奏されました。

ゼミ生全員で息を合わせて、一音一音丁寧に練習を重ね、ご来場の皆様と一緒に楽しむことができました。

 

2018年12月25日(火)に、本学4号館音楽室にて、四童子ゼミ主催のクリスマスコンサートが開かれました。

学生向け・教職員向けということもあり、流行りのクリスマスソングをゼミ生が出し合い、その中からアンサンブルする楽曲を決めました。楽譜に書かれているリズムや音を読み取るまでは大変でしたが、練習を重ねるにつれて、気持ちがまとまり、だんだんと揃うようになりました。

「クリスマスソング/back number」「恋人たちのクリスマス/マライアキャリー」「Let It Go/「アナと雪の女王」より」の3曲を、保育現場でもよく用いられる、鉄琴や木琴、鍵盤ハーモニカはもちろん、楽器経験のある学生はトランペットやホルン、フルートを用いて演奏しました。

クリスマスの楽曲特有の「シャンシャン」と音が鳴るスレイベルを用いたり、ドラムに挑戦する学生もいました。沢山の方に聞いていただき緊張していましたが、音楽にのって楽しみながら演奏する姿が印象的でした。

 


Leave a Reply