Subscribe to 西日本短期大学 保育学科通信   のびのび新聞 Subscribe to 西日本短期大学 保育学科通信   のびのび新聞's comments

1年生のみなさん、はじめまして。

保育学科で、主に「表現」(造形)の授業を担当しております平山隆浩と申します。

2年生のみなさん、ご無沙汰しております、いかがお過ごしですか。

ステイ・ホームな日々を送られているみなさんに、「アートな視点でモノを見る」、そんなお話を少しさせていただきます。

題して「のんびリズム」のススメ。

一枚の紙、一本の鉛筆、一個のジャガイモ、コップ一杯の水、一枚の葉っぱ、コンクリートの割れ目から顔をのぞかせる一本の草花、道端に転がる何の変哲もない石ころ、、、、

これらはみんな、大自然の「小さなかけら」です。

「ゆっくり・のんびり・じっくり」と、「小さなかけら」の発する「かすかな声」に耳を傾けると、そこからいろんなものが見えてきます。

鉛筆を一本、手に取ってじっくり見つめてください。

鉛筆は、木でできていますよね。

手にした鉛筆が、いつ、どこで生まれ、どんな旅をして、いま・ここにあるのか。森の中で、どんな鳥や虫やけものたちと過ごしていたのか。

いっぱい想像してみましょう。  

太陽の光や風や、青空に浮かぶ白い雲、夜空に光るお星さま、ポタポタ落ちる雨のしずく、、、移ろいゆく自然をのんびりと眺めてみましょう。

こんな時だからこそ、「ゆっくり・のんびり・じっくり」と家にいても触れることのできる自然を意識してみましょう。

日頃から「小さなかけら」に大自然を感じてみましょう。

きっと、そこには豊かな感性の世界が広がっていきますよ。

平山隆浩


Leave a Reply