健康スポーツコミュニケーション学科は、スポーツ・健康に関わる全13資格の養成校・認定校となっています(指定科目を履修することで取得または受験資格を得ることが可能)。

フィットネストレーナーコース、キッズスポーツコースで専門性を高め、2年間の学びを資格取得という成果につなげることができます。各コースで取得可能な資格は、以下の通りです(資格名のリンク先から詳細をご覧いただけます)。

 

フィットネストレーナーコース

健康・体力づくり事業財団認定 健康運動実践指導者

日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者

日本フィットネス協会認定 GFI(ADI、REI、SEI、WEI、AQWI)

日本障がい者スポーツ協会認定 障がい者スポーツ指導員(初級)

 

キッズスポーツコース

日本体育協会認定 スポーツリーダー

日本体育協会認定 ジュニアスポーツ指導員

日本レクリエーション協会認定 レクリエーションインストラクター

 

共通

厚生労働省 第一種衛生管理者(国家資格)

社会福祉主事任用資格:福祉事務所などに従事する公務員(ケースワーカー)に必要とされる資格です。福祉の職場で働く人の基礎的な資格といえ、指定科目の単位を取得し卒業前に申請することで、卒業と同時に取得出来ます。

 

 

 

その他、スポーツ指導者としての「質」が高まると本学科が考えている資格として、以下のようなものがあります。これらは、学内外で開催される講習会や実習に参加することで取得できます。

 

幼児体育指導員

JFA公認キッズリーダー

応急手当普及員

上級救命講習修了

普通救命講習修了

水上安全法救助員

スノーケリング・インストラクター

NAUIパスポートダイバー

NAUIスクーバダイバー(Cカード)