西短キッズスポーツフェスティバル2018を行いました!

みなさんこんにちは。日頃より健スポブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は11月17日に行われたキッズスポーツフェスティバルについて、健スポ★アンバサダーの苑田が報告させて頂きます!

 

まずはじめに、キッズスポーツフェスティバルについて概要をお話ししたいと思います。

キッズスポーツフェスティバルは、主にキッズスポーツコースに所属する学生がプログラムなどを考え、準備から本番まで全て自分たちで企画・運営する地域貢献活動の一つとして位置づけられているキッズスポーツイベントで、学生たちの指導力向上のイベントでもあります。

 

今回は、5歳から9歳の子供たちを対象に、9月から準備を始めてきました。

「西短プチ運動会」をテーマに「上肢」を使った運動、「下肢」を使った運動、「全身」を使った運動遊びと、3つのプログラムを作成しました。

 

<開会式と準備運動>

 

<「上肢」を使った運動>

玉入れ

ばくだんゲーム

中あてドッヂビー

 

 

<「下肢」を使った運動>

ジグザグリレー

ジグザグリレー

しっぽ取り

色おに

 

 

<「全身」を使った運動 障害物競走>

 

 

<その他の当日の様子>

 

 

プログラムとしては、後日たくさんの反省点がありましたが、イベントとしては、子どもたちに楽しんで帰って頂けたので良かったです。

 

何か1つをこなす時に、上手にできる子とできない子、子ども達だけでなく大人になってもこの2つに分かれてしまいます。

でも、それはそれでいいと思います。

できないことが悪いのではなく、問題は何もしない事です。そこからどう考え、どう動くかで、そのひとつの事だけでなく、大袈裟に言えば人生も変わってくると思います。

この様なキッズスポーツイベントを開かせて頂く事で、学生は学ぶことが沢山あります。学んだことはしっかりと活かしていきましょう。

最後に1枚!

イベントに参加して下さった皆さん、最後までブログを読んで下さった皆さん、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です