【就職支援】1年生の適性検査解説会と第1回就職模擬試験が行われました

皆様こんにちは。いつも健スポブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、後期に1年生対象に行われた就職サポートに関する話題をお伝えします。

 

1つ目は、10月25日(木)キャリア演習ⅠBの時間に全学科合同で行われた、適性検査の解説会です。

適性検査とは、毎年1年生を対象に進路指導部が中心となり実施している検査です。その目的は、①実際の企業で導入されている適性診断を体験して入社試験に向けた準備をする、②自分の能力・性格・興味の傾向(適性)を把握して進路選択の参考に活用する、の2つとなります。

それぞれの学生に、10月5日に受験した結果やそれに基づくアドバイスがまとめられた資料が返却されました。しっかり読み、今後の進路選択に活かして欲しいと思います。

 

2つ目は、11月1日(木)キャリア演習ⅠBの時間に受験した就職模擬試験です。この模試では、国語、自然科学をはじめとする一般教養から時事問題まで幅広く出題されました。1年生の現時点での力試しと就職への動機づけを目的に実施しています。手応えはどうだったでしょうか?

 

1年生はこれまで、スーツの着こなし講座やスポーツ企業情報の収集や施設見学、実習報告会の受講、適性検査などを行い、就職活動の下準備を進めてきました。年明けからは、就職支援サイトへの登録会や履歴書作成、合同企業説明会なども予定しており、いよいよ最終的な準備に入っていきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です